2011年07月09日

クロストリジウム・ディフィシルに関し...



Q. クロストリジウム・ディフィシルに関して臨床上ではどんな懸念がありますか?

A. この細菌はヒトの腸管内に常在する菌ですが、抗生物質の投与で大腸の正常細菌叢が乱され異常増殖して偽膜性大腸炎を引き起こします。特に老人に多いです。多くの抗生物質に抵抗性があり、症状が出たら使用抗生物質を中止して、バンコマイシンやメトロニダゾールの速やかな投与が必要です。この細菌は芽胞形成をし、外界での生存力が強く環境汚染を起こして、しばしば院内感染の原因菌になる事があり新生児室や老人病棟では注意が必要です。

» 詳細



Q. 知人の女性が、どう見ても異常な感じで両手の爪全ての色が灰色っぽく黒ずんでいるそうなのですが、まさか何か悪い病気なのでしょうか?前から気にしてるらしいのですが・・・ お分かりの方よろしくお願いします。

A. 爪白癬(爪水虫)ではないと思います。白癬菌が感染すれば黄白色や白濁色になり、爪は剥離したり欠けてボロボロになります。病気なら、副腎皮質かアジソン病が疑わしいです。ただ、10本の指全部の爪が黒く変色で多い症例は、色素を作るホルモンが増加した場合です。あとワイン愛好家も鉄分の影響で黒っぽくなったりもします。ただ、実物を見ての判断ではないので、まずは専門医である皮膚科で爪から健康状態をチェックしてもらったほうが良いと思います。

» 詳細



Q. 子宮頸ガンについてなんですけど子宮頸ガンは自然に正常に戻ると言われてますが一年前に検査したときは問題なかったのですが今日子宮頸ガン(異形成)と診断されました。自分が気づかないうちに子宮頸ガンになっていて自然に正常に戻っていて検査にもひっかからずまた再発して検査にひっかかると言うことはあるのでしょうか?文章おかしくなってたらすみません(^^ゞ

A. 先程の回答のコメントについてです。子宮頚癌の原因になるのは、ハイリスクHPV ( ヒトバピローマウイルス ) で、菌ではありません。ウイルスと言うのは、とても小さく、顕微鏡では、とても見えません。細胞の中に入り、細胞の核に悪さをして、その細胞に、自分自身のコビーを作らせて増えて行きます。細菌は、顕微鏡で見える程の大きさです。性交渉の経験のある女性の、80% は、このHPVに感染した事があります。感染しても、殆どの場合、ウイルスは免疫で排除され細胞の異常を起こしません。HPVが居るか確認の検査があります。子宮頚癌検査と同じ様に、子宮の入口を擦って取り、HPVの有無を確認します。子宮頚癌の人で、手術前に、この検査でHPVが出なかった人でも、取った組織を調べると、HPVが見つかる事があります。この結果から、HPVが、子宮の入口の粘膜の、一番、深い細胞の中に潜んでいる可能性も考えられます。そのため、癌検査に異常が無かったからと言って安心は出来ません。深い場所に潜んでいたHPVが、何時、悪さし始めるかもしれません。勿論、HPVが、完全に排除され、全く居ない場合もあります。そのため、性交渉の経験のある人は、1~2年に1度は、子宮頚癌検査をしていく必要があります。

» 詳細



Q. 肺がんについて教えてください叔母【65歳】が今月初め肺がんと宣告されPET・造影剤・脳の検査をしてきました肝臓に影があるとのことで転移か?と心配してましたが昨日「良性の癌だから手術はしなくてよい」といわれたそうです。肺は悪性で肝臓は良性???そんなことあるのですか?普通 肝臓⇒肺or肺⇒肝臓の転移を疑いますその通りなら 本当に嬉しいのですが・・・・手術できない肝臓がんを 動転してる老夫婦を見かねて Drが告知を配慮してくれたのかと・・・・素人には良く分からず できればご専門の方の一般論で結構ですので・・・

A. >「良性の癌だから手術はしなくてよい」といわれたそうです。前者のかたが言われるように良性なら癌とは言いません。おそらく「良性の腫瘍だから手術はしなくてよい」の聞き間違いでしょう。良性の腫瘍の代表例が肝血管腫です。これは単純CT(造影剤を使わないCT)で癌と紛らわしい画像になりますが、精査目的の造影CTやPETで明らかになります。肺がんの転移はリンパ節転移が一番多く、病期が進んでくると、脳転移・骨転移・副腎転移・肝転移などが起こります。お大事にしてあげてください。

» 詳細



Q. こどもの耳垢について質問ですこどもの耳垢のタイプが茶色で粘ついたものなのですが これは異常なのでしょうかそれともこういうのもあるのでしょうかこれって放っておいても大丈夫でしょうか

A. 異常なことはかなり少ないですね、飴耳とも言いますけどね。遺伝性とも言われています。南方系に祖先があるとそのようなことが多いですよ。沖縄県では多いそうです。時々耳鼻科で処置をすればよいでしょう。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−可能な範囲でして観てください。ただ、外耳道は「く」の字に曲がっていますので綿棒では限界もあります。

» 詳細





posted by tomoyosi9449 at 08:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。